トップページ > 寄付金の使い道

東村ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)制度では、寄附金の使途を寄付者が指定できます。
寄附金の使いみちを、次の5つ(複数を選択することも可能)から指定できます
1.産業の振興及び魅力あるむらづくりに関する事業
  • 事業名
  • 事業年度
  • 担当課
  • 東村つつじ祭りの開催

  • 平成27年度、平成28年度

  • 企画観光課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      H27 7,725,000
      H28 7,725,000
    • 寄附金

      1,339,112
      5,000,000
    • その他

      1,836,000
      1,349,000
    • 一般財源

      4,549,888
      1,376,000
    事業概要
    東村最大のイベント3月に開かれる「東村つつじ祭り」。
    会場となる「東村村民の森」には4.5haの敷地に約5万本のつつじが咲き乱れ、多くの花見客で賑わいます。
    ふるさと納税は、この一大イベントの開催費用として活用し、産業の振興及び地域活性化に役立っています。
    担当者の声
    祭り期間中には約4万人の方が来園します。
    自然豊かな園内には約5万本のつつじが咲き誇り多くの客が楽しんでいます。
    利用者の声
    色とりどり至る所で咲いているつつじに圧倒されました。


    2.自然環境の保全並びに景観の維持及び再生に関する事業

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 東村ふれあいヒルギ公園管理費

  • 平成27年度、平成28年度

  • 企画観光課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      H27 2,800,000
      H28 3,114,000
    • 寄附金

      2,000,000
      3,000,000
    • その他

    • 一般財源

      800,000
      114,000
    事業概要
    国指定天然記念物「慶佐次湾のヒルギ林」に隣接する「東村ふれあいヒルギ公園」の管理・運営費用に活用しています。
    東村ふれあいヒルギ公園は、マングローブの観察をはじめ、干潮時には生き物観察、満潮時にはカヌー体験の発着場として利用されています。
    担当者の声
    年間およそ10万人が訪れる東村一の観光名所であり、今後も自然環境を保全・活用しながら地域の財産として将来の世代へ引き継いでいきます。
    利用者の声
    遊歩道や展望台が有り自然を満喫することができました。

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 福地川海浜公園管理費

  • 平成27年度

  • 企画観光課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      2,640,000
    • 寄附金

      1,362,412
    • その他

      0
    • 一般財源

      1,277,588
    事業概要
    福地川海浜公園は、平成27年4月にオープンした海と川のレジャーが同時に楽しめる施設です。
    ふるさと納税は、この公園(リバーサイドエリア、シーサイドエリア)の良好な管理・運営のために活用されています。
    担当者の声
    イベントを実施し、ラジオや新聞において積極的に村内外に対し、海浜公園のPRを行うことができました。
    利用者の声
    マリンアクティビティ楽しかったです。次はSUPヨガをやってみたい。

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 高江売店公衆トイレ機能強化事業

  • 平成28年度

  • 総務財政課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      94,000
    • 寄附金

      94,000
    • その他

      0
    • 一般財源

      0
    事業概要
    地域住民や来訪者などから要望のありました高江売店敷地内にある公衆トイレを和式から洋式に改修しました。
    担当者の声
    高江地区に使って欲しいと頂いた寄附を活用し改修しました。沖縄本島北部東海岸をドライブの際は高江売店で小休憩して利用頂けると幸いです。


    3.教育、文化及びスポーツ活動の充実に関する事業

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 東村人材育成基金事業

  • 平成27年度

  • 総務財政課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      1,040,635
    • 寄附金

      800,000
    • その他

    • 一般財源

      240,635
    事業概要
    東村人材育成基金事業は、東村の青少年の健全育成、スポーツ、文化の振興を図るため、県内離島、県外及び外国への派遣費等を助成しています。
    担当者の声
    東村という土地柄、スポーツが遊びという環境でセンスが磨かれ中学・高校・大学と、自分の好きなスポーツを専攻し、九州大会、全国大会等出場のため人材育成基金を利用される方が多くいらっしゃいます。
    また国際交流、文化活動等も助成の対象となっており全国大会への出場など、経験したことを活かして自分の夢へと広げています。
    人材育成基金事業を活用し、東村出身者が益々活躍して欲しいです。
    利用者の声
    子どもが、人材育成基金に支えられ、自分の夢を諦めることなく努力して、挑戦出来るチャンスを頂き大変感謝しています。

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 東村文化発表会の開催

  • 平成27年度

  • 教育委員会

  • 事業費(円)
    • 事業費

      280,000
    • 寄附金

      276,134
    • その他

      0
    • 一般財源

      3,866
    事業概要
    11月3日文化の日に開催された東村文化発表会の開催費用に充てました。
    東村文化発表会は、先人より受け継がれてきた民俗芸能を広く村民に披露することにより、民俗芸能に対する理解を深め、保存芸能及び村内で活動する各種文化サークルのさらなる発展・強化を図ると共に、民俗芸能の保存継承への気運を高めること目的に行っています。
    担当者の声
    村内で日々芸能や文化活動を行っている方々の発表の場であり、伝統を継承し、文化を改めて認識できる場として今年度も開催することができました。
    年々、子供たちの参加も増えており、地域の文化を知る重要なイベントとなっております。
    利用者の声
    日ごろから練習している成果の発表の場としてとてもありがたく思っております。また次年度へ向けての練習の励みになります。

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 児童・生徒交流事業

  • 平成28年度

  • 教育委員会

  • 事業費(円)
    • 事業費

      3,979,760
    • 寄附金

      3,000,000
    • その他

      0
    • 一般財源

      979,760
    事業概要
    村内小学校6年生全児童の山形県酒田市八幡地区との児童交流の翼、中学生を対象とした福島県北塩原村との交流事業に活用しています。
    児童、生徒に沖縄とは異なる文化・気候・歴史などを交流イベント、民泊及び体験等を通して学んでいます。
    担当者の声
    北塩原交流事業での農業体験・民泊や歴史的建造物の見学など、地元東村・沖縄県を振り返る良い機会となっています。
    山形県酒田市八幡地区との児童交流の翼では、民泊や交流イベントをとおして心の交流ができ家族の暖かさや思いについても考えることができます。
    利用者の声
    見たこともない雪景色に感動した。
    初めてのスキー体験ができてとても楽しかった。
    民泊先の家庭が暖かく迎えてくれたのが嬉しかった。
    民泊先でのもてなしにいろいろ考えることができた。
    学校での歓迎会で暖かく迎えてくれてうれしかった。



    4.村民の健康増進及び福祉の向上に関する事業

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 子ども医療費助成事業

  • 平成27年度、平成28年度

  • 福祉保健課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      H27 4,065,894
      H28 4,842,000
    • 寄附金

      771,139
      3,000,000
    • その他

      748,432
      1,020,000
    • 一般財源

      2,546,323
      822,000
    事業概要
    18歳以下の子どもの医療費助成に活用しています。
    医療費を助成することにより、疾病の早期発見と早期治療を促進し、子ども達の健全な発育に寄与しています。
    担当者の声
    子ども医療費の一部を助成することで子ども達の健康面の充実や家庭の経済的負担軽減が図られています。
    利用者の声
    多子世帯(3人)なので医療費が高額になる事があり、医療費助成はすごく助かっています。
    また18歳まで助成があるので安心して子育てすることができます。


    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 保育所遊戯室空調機器設置

  • 平成29年度

  • 福祉保健課

  • 事業費(円)
    • 事業費

      3,132,000
    • 寄附金

      3,000,000
    • その他

      0
    • 一般財源

      132,000
    事業概要
    村立保育所の遊戯室の空調機整備に活用しました。
    遊戯室は、保育所の各種行事やイベント及び子育て支援センターを週3日実施していますが、冷房機器がなく梅雨や夏場の気温・湿度が高い時期に行事等を実施する際に苦慮していましたが、空調機の整備により解消されました。
    担当者の声
    空調機の設置により年間を通して快適な温度・湿度を保つことができ、より良い保育環境を整えることができました。
    利用者の声
    夏場でも快適に子育てできる環境になりました。ありがとうございます。


    5.その他目的達成のために村長が必要と認める事業

    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 夏休み海外短期留学派遣事業

  • 平成27年度

  • 教育委員会

  • 事業費(円)
    • 事業費

      3,195,000
    • 寄附金

      1,897,693
    • その他

      600,000
    • 一般財源

      697,307
    事業概要
    中学生を対象に行っている夏休み海外短期留学派遣事業に活用しました。
    本事業は、本村の教育理念である「地域で育て 世界で活躍する 人材輩出の推進」のため、県内4市村の生徒が交流を深め友情を育むと同時に、現地の人々とのふれあいの中から生きた英語と米国文化に思う存分触れることのプログラムです。
    担当者の声
    生徒が早い時期に海外を体験することにより、国内及び海外の出来事に興味を抱くきっかけ作りが期待出来ると同時に、視野が大きく広がり、進路や人生にも良い影響をもたらすことが出来ると感じています。
    これまでに22名の生徒が参加をし、その殆どの生徒が大学へと進学し、さらに大学在学中に留学を経験する生徒もいます。
    利用者の声
    アメリカの文化や英語も学べて、このプログラムに参加して本当によかったなと思いました。
    実際にアメリカで感じたことは、英語の大切さや必要性です。どこの国に行っても英語を話すことが出来ないと会話が成り立たないと感じました。


    • 事業名
    • 事業年度
    • 担当課
  • 東村コミュニティーバス購入・運行事業(実施中)

  • 平成29年度

  • 総務財政課

  • 事業費(円)
    予定額
    • 事業費

      10,644,280
      (予定)
    • 寄附金

      10,600,000
      (予定)
    • その他

      0
    • 一般財源

      44,280
      (予定)
    事業概要
    東村コミュニティバスの購入及び試験運行費用に活用しています。
    本事業は少子高齢化やライフスタイルの多様化に伴い公共交通の利用者が年々減少する中、高齢者や学生などの交通弱者にとって日常生活を送る上で重要な役割を担うと考えています。
    このことから、地域公共交通の利便性向上を図るため、今年度試験運行を実施し、平成30年度より路線等の拡充を図り、本格運行に向けて取り組んでおります。
    担当者の声
    平成29年10月より試験運行を開始し、コミュニティバス運行の認知度向上と並行し利用者が増えてきている状況であります。
    交通弱者のみならず、村民全体への波及効果は大きいと感じています。
    利用者の声
    これまで既存路線バスは1日3路線しか運行されていなかったが、コミュニティバスの運行より路線の増数や村内の主要施設に停留所を設置する等、利用がしやすくなった。
    また、乗車賃が無料という事も大変魅力的である。